グリーン調達は、企業や官公庁が環境負荷の低減に努める事業者から優先的に部品や備品などを調達することで、公共事業の発注なども含まれています。企業は環境に配慮した製品を競って製造・販売する事となり、自主的取り組みの追い風になっています。


グリーン購入は、消費者が品質や価格だけでなく、環境への配慮にも注目して製品やサービスを選択する事で、購入の必要性や、使用後のリサイクルのしやすさなども配慮する事となっています。

2000年5月にグリーン調達を求めたグリーン購入法が制定されました。
2008年1月に再生紙偽装問題があり、2009年にコピー用紙など約50品目の特定調達品目に関する見直しが行われました。


一方法律とは別にグリーン購入ネットワーク(GPN)は、「グリーン購入ガイドライン」を独自に決めて公表しています。このガイドラインは、環境面で考慮すべき事項を製品ごとに挙げており、2010年1月時点で18分野について定めています。

 

■ノウハウ会は、
企業が、社会的責任(CSR)を果たすべく独自の「グリーン調達基準」などを設定し、社会的責任(CSR)を果たす一助となるべくその導入支援を実施しています。講座開設などの場合も含めてご相談下さい。