廃棄物処理法は、法律が頻繁に改正され、規制内容が目まぐるしく変わるため難解な法律として有名です。概略を理解するだけでも難しく正しい理解を得るには、現場と法の規定の両方を理解している人のアドバイスが欠かせません。
例えば廃棄物処理法の理解不足のために自社が排出した廃棄物が、不法投棄事件などに巻き込まれたら大変な企業イメージダウンになりかねません。

 

此の法律は、1970年に制定されて以来、廃棄物の適正処理の確保を目的に改正を繰り返してきました。2010年度改正の方向性として、処理を委託した業 者の現場確認や、マニフェストの原票(A票)の保存など、排出事業者に対する規制強化を主に改正される方向にあります。そして此の法律は、人間生きている 以上多かれ少なかれ廃棄物を出すのですから、社会生活を営んでいる人々全員に関る法律である事を理解しなければなりません。


制定された法律は、守らなければなりません。そのためにもその法律が何を定め、何を守るべく要求しているのかを理解し、少なくとも仕事場の誰かが廃棄物処理法をしっかりと理解していなければなりません。

 

■ノウハウ会は、
各現場主体に現場担当者がどの様な法律知識が必要なのかを指導・支援します。
講座開設などの場合も含めてご相談下さい。